takataka01’s blog

しょーもないネタをUPしていきます(*∩ω∩)

'90年代の音楽が私たちに残したものとは

 このはてなブログの記事を書いてる2020年の2月2日。YouTubeの音楽チャンネルで、数多くのヒットナンバーを順不同で楽しんで聴いている。更にPCに取りこんだばかりの好きなバンドのアルバムをヘビロテしてメロディーを口の中でキャンディーを転がすように味わってる。どうしても音楽を、昔の思い出とリンクさせちゃうのだが、改めて聞くとキャッチーでいい曲ばかり。いつも聴いてるのは当時のミリオンセラーを連発した'90年代を彩ったシングル曲が多い。

 

 多くの音楽リスナーがコメントしてると思うけど、'90年代を大ヒットと共に駆け抜けた様々なミュージシャンたちは、音楽史に残る「特別な存在」だったんだなとおっさんになった今も感じてる。1990年代では多くの若者の心が荒れてたし、わけのわからない非行に走った女子中高生も出没したりと、路頭に迷う人々がさまようなどして、みんなが孤立し始めた時期だった。暗い世相の世の中で、ラジオ番組やドラマや音楽番組から流れて来たメロディーに、いつも寄り添ってくれて歌に励まされたことも子供も大人も世代を超えてあったはずなのだ。

 

 当時の音楽プロデューサーやミュージシャンには、エネルギーに満ち溢れた音楽をいっぱい産み出してくれたし次世代の21世紀の私たちに色褪せない作品を残してくれて、本当に本当にありがとうございました!と感謝してもしきれない気がする。それくらいの業績を彼らは後世に残したんだろうなと思ってる。別に、全くプロの音楽ライターじゃあるまいし、物書きでもない。ただのド素人でにわかな音楽好きの俺が、10代の多感な時期に、ジュディマリやグレイやスピッツなど、リアルタイムで彼らの名曲に触れられたのは、タイミング的にこの世に誕生した年代と偶然が重なったから出会えたわけであって、彼らと同じ時代に生まれることができて、本当に幸せな体験をしたんだよなと考えたりだとか、環境的に思ってたより実際は恵まれてたんだってことに、後から気づかされたりしました。閉鎖的に気分が塞ぎ込んだり辛いことももちろんいっぱいあったんだけど、そればっかりじゃなかったよなってね。音楽は最高の娯楽だなと毎日の生活で感じてます。はい。

テキストマイニングで「コロナウイルス」について調査してみた。

f:id:takataka01:20200127025402p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takataka01:20200127030812p:plain

 

 

上記のようなキーワードが見られました。冬の間に収束してくれればいいんですけど、今回は今までと違うような気がする。

 

 

明日から電車通勤も始まりますし、どうなることやら。学校や病院でも広がる可能性ありますもんね。

国産SNS@meetに登録してみた。

f:id:takataka01:20200115021620p:plain


 

 

 

 昨年2019年に国産のSNSがこっそりと誕生していたことをご存知の方はほとんどいないのではないだろうか。ネットで検索してもmixiくらいしかヒットせず知るきっかけが限定されていたからだ。私の場合は運良くTwitter経由であるwebサービスの存在を知り、信用性も高そうで、正統派ソーシャルネットワークの期待感も高まり、興味津々になった流れで、当初はお試し感覚で登録してみようと決めた。

 

 

 入部したソーシャルネットワーク@ミート」は「アットホームな雰囲気」をコンセプトに掲げた、居心地がいい空間をモットーにして運営している。サイトにいると、ゆっくり時間が流れていく余裕のあるシステムとインターフェイスになっており、「なんで今までこんな場所がなかったんだ」と決して派手なデザインでもないし、はっきりいってしまえば地味なUIで、物足りなさも当初は感じてたのは本音ではある。まだまだこれから改良を重ねて進化の一途を辿っていく可能性を含んだ、出来たてほやほやの新しいSNSのリニューアルの瞬間に立ち会うことができたのだった。

 

 

 

 ちなみに登録ユーザー数は今日の時点でようやく200人に到達したばかりです。少しずつ定着しつつあるようで、毎日ちょっとずつツイッター以外のサービスを求めていたネット民がこのサイトに集まってくるようになりました。

 

 

 

 投稿数もまだまだ少ないのが現状で、活気があるとは言い難い現状ではあります。使ってみて最初に感じた点は、ツイッターよりフォロー外のユーザーにコメントを送りやすいという大きなメリットがありました。投稿を見られる相手の範囲も選択できる自由があり、マストドンのシステムと似ている要素もあって、とにかく時間をかけてサービスの準備をじてきたんだな。「手作り感」が満載の温かい印象を持ちました。すてきだなって。

 

 

 

 単なるツイッタークローンであるならば、他のサービスとの差別化に失敗して、流れに乗らないままサービスが終わってしまうパターンになってることでしょう。しかし、ツイッターの要素に「プラスワン」の工夫を加えた遊び心がふんだんに取り入れられております。

 

 

 

f:id:takataka01:20200115021730p:plain

フィード機能。全体の投稿を確認できる。

 

 

 話がちょっと長くなりました。興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね。

 サイトへのリンクも貼っておきますので。こちらからどうぞ

at-meet.com

一つのことを最後まで続けるとはどういう状態なのか

 私は飽き性で趣味といえるほどのものも持ってない。デジカメをもって風景や花の写真を撮ることが大好きだが一年365日やってられるわけではない。とにかく飽き性なのだ。ブログを書くことだって途切れ途切れだしね。だから余計にわからなくなる。

 

 「ひとつのことを続けるとは何を指すのでしょうか」という個人的なテーマです。もう結論から言ってしまえば三日坊主の繰り返しでいいじゃんって思っちゃうんですよ。例えば一日置きに、月、水、金、だけ頑張ってなにかに取り組むということを例に挙げてみる。ダイエットにしろ一週間、毎日7日間走り続けるのを計画として上げるのは少し無謀で最後には挫折するのは目に見えてるんだから途中に「休養期間」を挟んだってええじゃないか!??ってことを申し上げたいわけです。

 

 ペース配分の問題だと要は考えるわけです。人それぞれのペースがあり、花が10年経ってから開花する人だって才能でいえばあるのだから。のんびり屋で怠け者のわたしは3日坊主の周期を積み重ねて物事のルーティンをこなしていきたい。そう思ってます。人生はマラソンですもんね。

 

 全く話は変わりますが、なんとか年越しができそうですね。もう無理かもしれないと思ってたのが、ちょっとずれた形となりました。それだけでもうれしいです。覚悟していたのでね。ではではまだ早いんですが良いお年を、2020年のスタートをお迎えください。読んでくれた方ありがとう。

無料版だと3記事までしか書けないのでしょうか?

はてなブログでは無料版ですと1アカウントにつき3ブログまでという制限が
あるらしいのですが、それはどういうことなんでしょう?
 今、この記事で3つ目の記事なんですが、もうこれ以上のブログは更新できないルールになってるのでしょうか。どうもわかりません。
 Pro版だと10ブログまでということなのですよね。あれれ。ブログの数が10記事まで
しか書けないってお話なのかな。いまいち意味がまだわかってないんですね。

わからないって次元そのものがわからない。

わからないことが減ることがなく、むしろ増えていく。何かを知る機会があればそれに付随する形で「これもわかってなかった。あれもわかってなかった」と発見する機会があるわけで、わかってないことは無数にあることを受け入れざるを得ないというか、無知の領域なんて規定できるものじゃなくて、境界線自体、あいまいなものなんだなと感じてしまう。また、わからないことを解決してたった一つのことができるようになったというのが成長であり、物事の上達なのだが、それは同時に「自分はこんな基本すらできてない段階だったのか」という恥や屈辱からスタートしなければいけない立場なのが、初心者というやっかいな存在である。わからないことをわからないままにしておいていいのかという個人的な命題に近いものもある。「いつか」わかればいいんだよとアドバイスをくれる身近な先生がいても、その助言は真に受けていいのか、最近は疑問を持つようになった。人間には寿命というものがある以上、時間は有限なもので、遠回りし過ぎれば、おじいちゃんになり、浦島太郎じゃないけど、周りにどんどん置いていかれて、「手遅れ」という事態だってあちこちで起こっている社会問題にまで発展するからだ。自分の知りたい専門分野に長けてる人がヒントや取っ掛かりになる手助けをちょっとしてくれるだけでも、10年解決しなかった問題が、たったの1日で解消してもられることだってあるんじゃないかということ。今の時代は他人同士の生のつながりが途切れてしまったので、身近な恩師がパートナーとして面倒を長期間、見てくれるケースはもうよほど恵まれてる運の良い環境にいなければ、孤立無援の状態で最期を迎えるまで生活を送ることも非情だが、あちこちでもう起こってしまったわけであって、何をおまえは言いたいんだ??ってツッコミが入りそうな、何のまとまりもない文章になってしまったが、「わからないを放置していいよ」は本当にそうなのか? もっと親身になって助言や手を差し伸べてくれる大人がいなければ、自力では無理な弱者?だってたくさんいるのではないだろうかという話をしたかったのかな。甘えなのだろうか。良い師匠に出会いたかったし、まだチャンスと時間があるのなら、手順を踏んで、何か一つのことをできるまでにさせるテキストや教材が欲しいし、けれど経済的な事情があり、断念してしまったり。年齢に関わらずもったいない人達が埋もれてしまっている。

ブログの雰囲気はインターフェイスでガラリと変わるものだ。

TumblrみたいにBlogのテーマを変えられるサービスがかなり豊富にあって今まで知らなかったな。最近めっきりハマってるのが『ターミナル風』にテキストを記入できたりするツールばかり最近は探してまして、今回はてなBlogにインストールして取り入れてみたわけです。これは非常にいい。UIを変えられるのもやる気が出るし、気分転換にも繋がります。しばらくはコマンドライン風にブログをちまちまと気が向いた時期には更新していこうかなと考えています。それではまた。ずっと放置しといて今さらの最初のブログ投稿でした。ちなみにGithubばかり見て、いろんなツールを世界中のエンジニアさんらが作ってんだなと感慨深いものがありますね。Webツールは良く利用させてもらってるものでして。感謝しています。技術者の方々に。